コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メレチウス Meletius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メレチウス
Meletius

[生]?
[没]381
アンチオキアの司教。聖人。アルメニア地方の出身と思われる。アンチオキアの司教に任じられたが,アリウス派のローマ皇帝コンスタンチウス2世に追放され,従う者とともにメレチウス派を形成するにいたった。その後,同様に追放されていたアタナシウスとともに許されて同地に戻り,コンスタンチノープル公会議 (381) を主宰した。隠者として名高いパウリヌスとの論争は有名であるが,宗教上の権威においても,司教の座をめぐる争いの面においても勝利を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メレチウスの関連キーワードインノケンチウス1世ルチフェル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android