コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタナシウス Athanasius, Magnus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタナシウス
Athanasius, Magnus

[生]293頃.アレクサンドリア
[没]373.5.2. アレクサンドリア
ニカイア公会議 (325) 時代の教父,聖人,教会博士。当時キリスト教会を2分したアリウス派異端との戦いにおいて正統教義を代表し,教会史上大きな役割を果した。プラトン,アリストテレス,新プラトン主義,キリスト教学を若くして学び,のち司教アレクサンドロスに師事。ニカイア公会議にはアレクサンドロスに従って出席,アリウス派を論駁した。 328年アレクサンドリアの司教となる。その後も一貫して反アリウス主義の立場を取ったため,アリウス派から憎まれ,アリウスのアレクサンドリア帰還問題に端を発しコンスタンチヌス大帝によって第1回 (336~337) の追放を受けてから前後5回 17年に及んで追放の生活をおくった。第2回 (339~346) はローマの教皇ユリウス1世のもとに逃れ,ローマ教会とアタナシウス説が結合する結果を生む。その教理史的意義は三位一体説とロゴス・キリスト論にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アタナシウス【Athanasius】

295頃~373) アレクサンドリアの司教。ニカイア公会議に出席、以後アリウスと抗争し、三位さんみ一体説を唱え、キリストの神人同質(ホモウーシオス)を説き、カトリックの正統教義を確立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アタナシウス
あたなしうす
Athanasius
(295ころ―373)

古代キリスト教会の教父。アレクサンドリアの司教。聖人。325年ニカイア公会議には助祭として司教アレクサンドロスに随行し、ニカイア信条の確立に貢献した。イエス・キリストを第一の被造物とするアリウス説に対して、キリストはつくられずして生まれ、父なる神と本質を同じくするという主張を貫いた。328年同司教の没後、若くして後継者に選ばれたが、アリウス派の巻き返しと、これを擁護する国家権力の弾圧によって、司教職46年間に五度も追放され、20年を流謫(るたく)の地で過ごした。彼の生涯は、正統信仰のための不屈の戦いであった。神学的著作の大部分は、アリウス派への反駁(はんばく)とニカイア信条の擁護にあてられている。主著『神の言の受肉』は、神が真の人性をとったことによって、人間は神の神性に参与することができ、そこに救いがあることを主張する。追放の地で修道者の師アントニウスを知り、『アントニウスの生涯』を著したが、これは広く愛読され、西方世界に修道生活を紹介するきっかけとなった。[百瀬文晃]
『アダルベール・アマン著、家入敏光訳『教父たち――生涯と作品入門』(1972・エンデルレ書店) ▽カペンハウゼン著、三小田敏雄訳『古代キリスト教思想家』(1963・新教出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アタナシウスの関連キーワードディオニュシオス[アレクサンドリア]キュリロス[アレクサンドリア]エウセビオス[ウェルツェリ]エウセビオス[ニコメディア]コンスタンティウス(2世)エウセビオス[カエサレア]ジギスムント[ブルグンド]アントニウス[エジプト]ヒラリウス[ポアティエ]ギリシア哲学史(年表)メギスティラブラ修道院聖アントニウスの誘惑コンスタンチヌス大帝アレクサンドリア学派コンスタンチウス2世ビザンティン文学アタナシウス信条アポリナリウス十二使徒の教えクロービス1世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android