コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロエ文字 メロエもじMeroitic writing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メロエ文字
メロエもじ
Meroitic writing

前2世紀頃~後4世紀頃にメロエを首都とするクシュ王国で用いられていた文字。エジプト象形文字をもとにしてつくられたもので,石碑などに刻まれる聖刻体と,普通の筆記用の草書体との2書体が知られる。母音字と子音字があり,アルファベットの性格をもっていたことがわかる。しかし解読は進んでおらず,構造,系統などはわからない点が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメロエ文字の言及

【クシュ王国】より

…また,クシュ人は初めエジプトのヒエログリフを用いたが,後にそれを少しずつ変えて,彼ら自身の言葉に適応させるようになり,やがて自らの文字を発明した。それは草書体のメロエ文字であるが,まだ解読されていない。 クシュは4世紀中ごろ,エチオピアのアクスム王国に滅ぼされた。…

【メロエ】より

…メロエ王国は,エジプト第25王朝を興したヌビアのナパタ王国より発展したもので,ナイル川第4急湍下流のナパタにあった都が,メロエの地に移された時期からメロエ王国の名で呼ばれる。ヘレニズム文化の影響を強く受ける一方,古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)によく似た字形をもつメロエ文字を創始するなど,独自の文化を発達させたが,4世紀初めに,エチオピアのアクスム王国の攻撃を受け滅亡した。メロエ遺跡から,鉄器の出土例がきわめて多いことと,市街地周辺部に残る膨大な鉄滓の存在から判断して,鉄生産が非常に盛んであったことが推定される。…

※「メロエ文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メロエ文字の関連キーワードヌビア(アフリカの地名)アフリカ史メロエ語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android