コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロエ文字 メロエもじ Meroitic writing

1件 の用語解説(メロエ文字の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メロエ文字
メロエもじ
Meroitic writing

前2世紀頃~後4世紀頃にメロエを首都とするクシュ王国で用いられていた文字。エジプト象形文字をもとにしてつくられたもので,石碑などに刻まれる聖刻体と,普通の筆記用の草書体との2書体が知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメロエ文字の言及

【クシュ王国】より

…また,クシュ人は初めエジプトのヒエログリフを用いたが,後にそれを少しずつ変えて,彼ら自身の言葉に適応させるようになり,やがて自らの文字を発明した。それは草書体のメロエ文字であるが,まだ解読されていない。 クシュは4世紀中ごろ,エチオピアのアクスム王国に滅ぼされた。…

【メロエ】より

…メロエ王国は,エジプト第25王朝を興したヌビアのナパタ王国より発展したもので,ナイル川第4急湍下流のナパタにあった都が,メロエの地に移された時期からメロエ王国の名で呼ばれる。ヘレニズム文化の影響を強く受ける一方,古代エジプトの聖刻文字(ヒエログリフ)によく似た字形をもつメロエ文字を創始するなど,独自の文化を発達させたが,4世紀初めに,エチオピアのアクスム王国の攻撃を受け滅亡した。メロエ遺跡から,鉄器の出土例がきわめて多いことと,市街地周辺部に残る膨大な鉄滓の存在から判断して,鉄生産が非常に盛んであったことが推定される。…

※「メロエ文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メロエ文字の関連キーワードナパタアマサスコリント遺跡Καύνοςボアズカレシェマハ門ナリカラ要塞ウバールチュブルボマジュスベニンシティ