コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象形文字 しょうけいもじhieroglyphs

6件 の用語解説(象形文字の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象形文字
しょうけいもじ
hieroglyphs

ヒエログリフともいい,絵を基本とする文字体系をいう。 hieroglyphとは「神の御言葉」という意味のエジプト語ギリシア語訳にしたもので,「神聖なる刻字」を意味する。エジプト象形文字の萌芽はセマイネー期においてみられるが,それが急速に発展したのはティニト期に入ってからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうけい‐もじ〔シヤウケイ‐〕【象形文字】

物の形を点や線で表してできた文字。古代エジプトのヒエログリフや、漢字のうち象形によって形成された文字の類。形象文字

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

象形文字【しょうけいもじ】

物の形にかたどって作られた文字。絵文字からある程度図式化,単純化することで発達した単語文字。古代で最も古いのはシュメール文字で,前3100年ごろにメソポタミア南部で発生した。
→関連項目ピュロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうけいもじ【象形文字】

漢字の〈日〉という字はもとと書かれ,〈月〉という字はと書かれ(ともに金文),元来太陽や月の形にかたどったものである。このほかにも〈鳥〉とか〈馬〉のような漢字も同様に鳥の形,馬の形を模したものである。このように物の形にかたどって作られた文字を中国では先秦時代から〈象形〉と呼び,象形文字は漢字の最も原始的な姿であった。象形文字は,漢字に限らない。古代エジプト文字すなわちヒエログリフ(聖刻文字)は典型的な象形文字であって,その装飾的字体は人,獣,鳥,ヘビ,器などの姿を如実に示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうけいもじ【象形文字】

象形 」に同じ。
古代エジプトのヒエログリフをはじめとして、マヤ・アステカ文字、地中海古代文字など、絵から成立したとみられる表意(語)文字の総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

象形文字
しょうけいもじ
pictographhieroglyphic

一般に文字分類の一部門に対する用語として使われる場合と、とくに古代エジプト文字(ヒエログリフ、聖刻文字)に対して使われる場合がある。
 前者はもとは漢字分類の用語として生じたもので、許慎(後2世紀)が『説文解字』で行った漢字分類であるいわゆる「六書(りくしょ)」(指事、象形、会意、形声、転注、仮借)の一つに基づいている。ここでの「象形」は、漢字のなかで「日」とか「月」のようにそれが表す事物の形を絵画的に描き出している文字のことである。しかし、漢字全体がしばしば一種の象形文字とみなされ、またこれに類する各種の古代文字(マヤ・アステカ文字、地中海古代文字、太古ルーウィー文字、とりわけ古代エジプト文字)も、これに準じてしばしば象形文字とよばれている。
 古代エジプト文字は、ヘロドトスが『歴史』で行った分類(ここでは古代エジプト文字の3種の書体)に従ってヒエログリフ(神聖な刻文、聖刻文字)とよばれるが、一般にはしばしばエジプト象形文字、あるいは単に象形文字とよばれている。ヘロドトスの分類の他の二つ、それぞれヒエラティック(神官文字)とデモティック(民衆文字)は記念碑体ヒエログリフの草書体であり、象形文字的性格が薄れている。
 エジプト象形文字の起源はかならずしも明白ではないが、もっとも早期の文字遺物は紀元前3000年ごろにさかのぼる。「ナルメルのパレット」とよばれる紀念書板はその一つであり、これに含まれる寓意(ぐうい)的な絵画はエジプト象形文字の前身を思わせる。しかし、この文字はごく初期から表音性(ただし、子音のみを表記するもの)をもっていたと考えられ、またメソポタミア文字体系の影響を受けて、限定符(単語の末尾に置かれ、そのおよその意味を表示する表意文字)が使われるようになった。王族名の表記に用いられるカルトゥーシュ(前後が半円形の囲み)も限定符の一つである。
 エジプト象形文字の種類は、初期と後期で若干異なるが、中王国ではほぼ750個ほどが使われていた。文字図形は神々や男女、鳥、魚、動物、草木、建物や船、衣装や各種の道具のほか、起源の不明なものもかなりある。しかし、全般として、ナイル河畔の古代文明をきわめて具象的に表現している。書字方向は右から左が一般的であるが、同一碑文に右から左および左から右の方向の刻文が使われている場合もあり、縦書きの刻文もきわめて多い。生物(神、人間、鳥、動物など)は一定の方向(書字方向と反対の方向)を向いている。
 エジプト象形文字は3000年以上の使用ののち4世紀末に使われなくなった。1799年エジプトに進攻したフランス軍により発見されたロゼッタ石(2種のエジプト文字およびギリシア文字を用いた対訳刻文)をおもな手掛りとして、フランス人ジャン・フランソワ・シャンポリオンはこの文字の基本的な用法を解明し、1822年にその解読を公表した。それ以後、エジプト象形文字、および、この文字により記された古代エジプト語の研究が盛んになり、エジプト学は急速に進歩した。[矢島文夫]
『ペネロペ・ウィルソン著、森夏樹訳『聖なる文字ヒエログリフ』(2004・青土社) ▽加藤一朗著『象形文字入門』(中公新書) ▽モーリス・W・M・ポープ著、唐須教光訳『古代文字の世界――エジプト象形文字から線文字Bまで』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の象形文字の言及

【エジプト文字】より

…〈聖刻〉の名のごとく石面・木面に刻まれた例が多いが,しっくい壁やパピルスにも書かれた。象形文字,絵文字ともよばれるように,きわめて具象的であることで有名である。文字形成の素材は人体,人体の各部分,人の動作,動物(鳥,獣,魚,爬虫類,虫),植物,地形,天体,建造物,祭器,装身具,武器,農器具,道具,容器,食物など万般にわたり,基本的な文字の数は700余り。…

【文字】より


[字の形]
 今日用いられている文字のほかに,かつて行われていた文字を含めると,文字の種類はひじょうに多く,それぞれにおける字の形や字の配列法など多種多様のものがある。古代の漢字やエジプト文字などのように,字の形の多くが物の形をかたどっているものは〈象形文字〉と呼ばれ,バビロニア,アッシリア,古代ペルシアの文字資料にみられる〈楔形(くさびがた)文字〉や,ヘブライ文字,パスパ文字などに対する〈方形文字〉の呼名はそれぞれ字の形に即して与えられたものである。ちなみに,古代エジプトの象形文字は〈ヒエログリフhieroglyph〉と呼ばれ,それは〈聖刻文字〉ともいわれて,古代人の文字に対する神聖観のあらわれであると説かれるが,この術語は古代エジプト文字に限らず,ヒッタイト,クレタ島などの象形文字や漢字にも通用されている。…

※「象形文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

象形文字の関連情報