解読(読み)カイドク

デジタル大辞泉 「解読」の意味・読み・例文・類語

かい‐どく【解読】

[名](スル)古文書暗号・古代言語などを読み解くこと。「古代文字解読する」「暗号文解読する」
[類語]判読

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「解読」の意味・読み・例文・類語

かい‐どく【解読】

  1. 〘 名詞 〙 難解な古文書や暗号、普通の人には読めない文字などを、読み解くこと。また、解いて、読めるようにすること。
    1. [初出の実例]「天皇嘉其篤学、深加賞歎。詔曰、〈略〉汝若不学、誰能解読」(出典続日本紀‐延暦九年(790)七月辛巳)
    2. 「敵の暗号の解読と、通信状況に依る敵状判断」(出典:春の城(1952)〈阿川弘之〉二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典 「解読」の解説

解読

暗号化されたファイルを解析して、本来の形に戻すこと。専用の解読ソフトもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android