コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解読 かいどく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

解読

暗号化されたファイルを解析して、本来の形に戻すこと。専用の解読ソフトもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐どく【解読】

[名](スル)古文書・暗号・古代言語などを読み解くこと。「古代文字を解読する」「暗号文を解読する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどく【解読】

( 名 ) スル
普通には読めない文字・暗号・文章などを読み解くこと。 「碑文を-する」 「暗号の-」
〘心〙 一定の規則によって符号化されたものから元の情報に戻すこと。情報伝達の最後の過程。 → 符号化

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

解読の関連キーワードブラック・チェンバーマイクル ベントリスダ・ヴィンチ・コードヒトゲノム国際機構次世代シーケンサーグローテフェントロゼッタストーンシャンポリオン命令デコーダークリプトロジーキーエスクロウヒトゲノム計画公開鍵暗号方式せんもじビーローリンソンコンパイラーアンチコドンマジック情報中央処理装置コードブック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解読の関連情報