メンカウラー王のピラミッド(読み)メンカウラーオウノピラミッド

デジタル大辞泉の解説

メンカウラーおう‐の‐ピラミッド〔‐ワウ‐〕【メンカウラー王のピラミッド】

Pyramid of Menkaure》エジプト北部、首都カイロ近郊の都市ギザにあるピラミッド。古代エジプト古王国第4王朝、メンカウラー王のものとされる。巨大な四角錐の石造建造物で、基礎部分の一辺の長さ105メートル、高さ65.5メートル(現在は頂上部が崩壊し62メートル)。ギザの三大ピラミッドのなかで最も小さい。北面の入口部分が大きくえぐれており、ピラミッドを破壊しようとした跡と考えられている。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android