コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンカウラー王のピラミッド(読み)メンカウラーオウノピラミッド

デジタル大辞泉の解説

メンカウラーおう‐の‐ピラミッド〔‐ワウ‐〕【メンカウラー王のピラミッド】

Pyramid of Menkaure》エジプト北部、首都カイロ近郊の都市ギザにあるピラミッド。古代エジプト古王国第4王朝、メンカウラー王のものとされる。巨大な四角錐の石造建造物で、基礎部分の一辺の長さ105メートル、高さ65.5メートル(現在は頂上部が崩壊し62メートル)。ギザの三大ピラミッドのなかで最も小さい。北面の入口部分が大きくえぐれており、ピラミッドを破壊しようとした跡と考えられている。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android