コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンカウラー王のピラミッド メンカウラーオウノピラミッド

1件 の用語解説(メンカウラー王のピラミッドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メンカウラーおう‐の‐ピラミッド〔‐ワウ‐〕【メンカウラー王のピラミッド】

Pyramid of Menkaure》エジプト北部、首都カイロ近郊の都市ギザにあるピラミッド。古代エジプト古王国第4王朝、メンカウラー王のものとされる。巨大な四角錐の石造建造物で、基礎部分の一辺の長さ105メートル、高さ65.5メートル(現在は頂上部が崩壊し62メートル)。ギザの三大ピラミッドのなかで最も小さい。北面の入口部分が大きくえぐれており、ピラミッドを破壊しようとした跡と考えられている。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンカウラー王のピラミッドの関連キーワードBOPChurch of Jesus Christ of Latter-Day Saints《Economic Control of Quality of Manufactured Product》Federation of Indian Chambers of Commerce and IndustryIndex Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars《Journal of the Mathematical Society of Japan》《Publications of the Mathematical Society of Japan》New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Starsmedullary pyramidWorld Confederation of Organizations of the Teaching Profession

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone