コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンシュトキン Menshutkin, Nikolai Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンシュトキン
Menshutkin, Nikolai Aleksandrovich

[生]1842.10.24. ペテルブルグ
[没]1907.2.5. ペテルブルグ
ロシアの化学者。ペテルブルグ大学卒業。 1869年学位取得後,同大学教授を経て,ペテルブルグ工科大学教授 (1902) 。ペテルブルグ大学化学研究所の設立 (1894) ,ロシア物理化学学会の設立に貢献,同学会誌の編集にも活躍。エステル化やアミンとハロゲン化合物との反応 (メンシュトキン反応) の速度が反応物質の構造や溶媒によってどのような影響を受けるかを詳細に研究した。 1904年ペテルブルグ科学アカデミーよりロモノーソフ賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メンシュトキンの関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)アーサーアンダーソンウォートルスエンソルクーザンデ=レーケドーグラス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android