コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンダーニャ Alvaro de Mendaña de Neira

世界大百科事典 第2版の解説

メンダーニャ【Alvaro de Mendaña de Neira】

1542?‐95
スペインの航海者,探検家。サラゴサの生れ。ペルー総督の甥であったメンダーニャは,うわさに聞く黄金のあふれる南方大陸を発見・領有すべく,1567年ペルーのカヤオ港を出帆,南太平洋に向かった。一行はエリス諸島を望見し,68年ソロモン諸島のサンタ・イサベル,ガダルカナル,マライタ,サン・クリストバル島を〈発見〉した。サン・クリストバル島に植民地を建設しようとしたが失敗し,68年カヤオに帰着した。95年4月彼は再びソロモン諸島への入植者を乗せた4隻の船隊を率いてペルーのパイタ港を出帆し,同年7月マルキーズ諸島南部の4島を〈発見〉した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメンダーニャの言及

【太平洋】より

…そしてウルダネータが65年メキシコへ東航したのである。これに続くメンダーニャとキロスPedro Fernández de Quirós(1560ころ‐1614)の航海は,古代ギリシア人の空想した〈テラ・アウストラリス・インコグニタTerra Australis Incognita(知られざる南方大陸)〉の発見を目的としていた。1567年メンダーニャはペルーを発ち,68年ソロモン諸島を発見した。…

【ツバル】より

…全人口の45%が首都のあるフナフティ島に集中している。【山本 真鳥】
[歴史,政治]
 1568年スペインの探検家メンダーニャが一部の島を発見したが,その後約200年間は忘れられた存在であった。18世紀後半に再発見され,19世紀前半からは捕鯨船が立ち寄るようになった。…

※「メンダーニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メンダーニャの関連キーワードサンタ・クルーズ[諸島]サンタ・イサベル[島]ウェーク[島]ホニアラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android