コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンダーニャ Alvaro de Mendaña de Neira

1件 の用語解説(メンダーニャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メンダーニャ【Alvaro de Mendaña de Neira】

1542?‐95
スペインの航海者,探検家。サラゴサの生れ。ペルー総督の甥であったメンダーニャは,うわさに聞く黄金のあふれる南方大陸を発見・領有すべく,1567年ペルーのカヤオ港を出帆,南太平洋に向かった。一行はエリス諸島を望見し,68年ソロモン諸島サンタイサベル,ガダルカナル,マライタ,サン・クリストバル島を〈発見〉した。サン・クリストバル島に植民地を建設しようとしたが失敗し,68年カヤオに帰着した。95年4月彼は再びソロモン諸島への入植者を乗せた4隻の船隊を率いてペルーのパイタ港を出帆し,同年7月マルキーズ諸島南部の4島を〈発見〉した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のメンダーニャの言及

【太平洋】より

…そしてウルダネータが65年メキシコへ東航したのである。これに続くメンダーニャとキロスPedro Fernández de Quirós(1560ころ‐1614)の航海は,古代ギリシア人の空想した〈テラ・アウストラリス・インコグニタTerra Australis Incognita(知られざる南方大陸)〉の発見を目的としていた。1567年メンダーニャはペルーを発ち,68年ソロモン諸島を発見した。…

【ツバル】より

…全人口の45%が首都のあるフナフティ島に集中している。【山本 真鳥】
[歴史,政治]
 1568年スペインの探検家メンダーニャが一部の島を発見したが,その後約200年間は忘れられた存在であった。18世紀後半に再発見され,19世紀前半からは捕鯨船が立ち寄るようになった。…

※「メンダーニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メンダーニャの関連キーワードバンクーバー組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペイン組曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン岬の謎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone