メークティラ(読み)めーくてぃら(英語表記)Meiktila

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メークティラ
めーくてぃら
Meiktila

ミャンマー(ビルマ)中部、マンダレー管区中部の都市。人口15万7900(2003推計)。ペグー山脈北東台地のメークティラ湖南岸に位置する。同湖はパガン王国時代からの人造湖で、長さ約10キロメートルと細長く、サモン川支流のシャウビン川の水を蓄える。町は周辺の灌漑(かんがい)農業地域の中心地で、特産の綿花の集荷と綿紡績業が行われる。ヤンゴン(ラングーン)とマンダレーを結ぶ幹線国道に沿い、シャン高原に入る支線がここから分岐する。鉄道はタウンジー―ミンジャン線が通る。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android