コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーヌ Maine

翻訳|Maine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーヌ
Maine

フランス北西部の地方。旧州。中心都市はルマン。メーヌ川が潤す丘陵地帯を占め,牧畜が主産業。9世紀末から世襲伯領となり,12世紀初めアンジュー伯の手に渡り,1154年イングランド王の支配下に入った。 1203年フランス王フィリップ2世がイングランド王ジョン (失地王) から没収し,ルイ9世がこれを王弟アンジュー伯シャルルに与えた。その後バロア家に移り,1481年王領となった。革命以後サルトとマイエンヌの両県を形成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メーヌ
めーぬ
Maine

フランス北西部の歴史的地方名、旧州名。現在のマイエンヌ、サルト両県の大部分を占める。西半分はバー(低)・メーヌとよばれてアルモリカン山地に属し、とくに北部ではノルマンディー地方のボカージュ(農牧地を取り囲む帯状の樹林)の景観に類似する。ラバルが中心都市。農牧業が卓越し、ウシ、ブタの牧畜が中心であり、南部やロアール川に沿って農業地帯が広がる。東半分のオー(高)・メーヌはパリ盆地の西縁部に一致し、バー・メーヌと同様に牧畜業が卓越する。東部に向かうにしたがって、小麦、トウモロコシなどの穀物と飼料用作物の栽培がなされる。肥沃(ひよく)でない土地はマツの人工林によって覆われる。中心都市はル・マンであり、オー・メーヌ地方の大部分の範囲をその都市圏の中に包含する。
 10世紀に伯爵領となり、婚姻関係により1126年アンジュー伯領に併合された。1154年アンリ・プランタジュネがヘンリー2世としてイギリス王位についたためイギリス領となり、1481年フランス王国領となった。ルイ14世時代は公領。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メーヌの関連キーワードジュリアン グラックアンドレー モクローウォロ・エルゴ・スムシャルル・ダンジューリュシアン クートーラベッソン・モリアンシャルル・ド・バロアサンモーリス大聖堂モンテスパン侯夫人メーヌエロアール県アンリ ルバスクモンテスパン夫人ジャック ロジエブービーヌの戦いソーミュール城ザウアーラントイデオロジストブーテルウェクO. アムランベレンガリア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メーヌの関連情報