樹林(読み)じゅりん

精選版 日本国語大辞典「樹林」の解説

じゅ‐りん【樹林】

〘名〙 多くのの生えた。木本植物が密に生え、大きな面積を占めている植物群落。高木からなるものを森林低木からなるものを低木林という。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録七「傍から樹林の中に入り」 〔欧陽脩‐酔翁亭記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「樹林」の解説

じゅ‐りん【樹林】

植物群系の一。木本植物が密に生えている群落。高木林・低木林に分けられる。高木層低木層草本層・コケ層など、多層構造をなす。熱帯降雨林照葉樹林針葉樹林など。
[類語]樹海木立森林密林ジャングル山林雑木林林野保安林防風林防雪林砂防林防砂林原生林原始林熱帯雨林熱帯降雨林熱帯林温帯林寒帯林紅樹林マングローブ広葉樹林針葉樹林落葉樹林照葉樹林松林杉林梅林竹林

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「樹林」の解説

【樹林】じゆりん

木立ち。宋・欧陽脩〔酔翁亭記〕樹林陰翳、鳴聲上下するは、人去りて禽鳥樂しむなり。

字通「樹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android