メープルシュガー(英語表記)maple sugar

翻訳|maple sugar

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メープルシュガー
めーぷるしゅがー
maple sugar

砂糖類の一種。サトウカエデの樹液からつくられる糖で、かえで糖ともいう。カナダなど北アメリカの名産品である。樹液を濃縮したものはメープルシロップ、固型にしたものをメープルキャンディーという。特有の香りと穏やかな甘味があり褐色をしている。ケーキ用のシロップや菓子材料に用いる。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメープルシュガーの言及

【カエデ糖(楓糖)】より

サトウカエデの樹液から作られる砂糖で,別名メープルシュガーという。サトウカエデはカナダ,北アメリカの北東部に植林されている高木で,初春のころ,樹幹に直径1cm,深さ4cmくらいの穴を数ヵ所あけて,管をさし込み,その先端にブリキ缶をつるす。…

※「メープルシュガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メープルシュガーの関連情報