コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクレイシ(木茘枝) モクレイシMicrotropis japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクレイシ(木茘枝)
モクレイシ
Microtropis japonica

ニシキギ科の大型常緑低木。フクボクまたはクロギともいう。東海地方と九州の暖地の海に近いところに生える。葉は楕円形ないし倒卵形革質,全縁で対生する。春に,葉腋に小さい集散花序をなして,多数の緑白色の小花をつける。雌雄異株。雌雄両花とも萼はほぼ球状の壺形で先端は5裂し,広卵形の花弁が5枚ある。雄花では5本のおしべがあり,めしべより長い。雌花ではめしべの柱頭が4裂する。子房は2室でおのおの2胚珠がある。果実は広楕円形の 蒴果で,熟すると果皮が基部から裂け赤い種子が出る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モクレイシ(木茘枝)の関連キーワードニシキギ科

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android