ニシキギ科(読み)ニシキギか(英語表記)Celastraceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双子葉植物ニシキギ目の1科。世界の熱帯から温帯にかけて広く分布し,55属約 850種がある。低木または高木で,常緑種と落葉種とがある。葉は互生または対生し,単純葉である。花は放射相称両性花で,多数が集散花序につく。萼片花弁とも3~5枚で,おしべも同数。花盤が発達するものもあり,子房がその中に埋る状態がしばしばみられる。果実は熟すと3~5裂する乾果が普通であるが,液果核果状のものもある。日本にはマユミ属 Euonymusをはじめツルウメモドキ属 Celastrusなど落葉低木が多いが,暖地にはマサキ (同じくマユミ属) などの常緑種もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双子葉植物、離弁花類。直立性またはつる性木本。葉は対生または互生し、単葉。花は放射相称で小形、多くは集散花序につき、4数性または5数性。両性のものが多いが、雌雄異株のものもある。雄しべと花弁は平坦(へいたん)な花盤の上につく。子房は上位。果実は蒴果(さくか)、翼果、液果など。種子はしばしば鮮やかな色の仮種皮(かしゅひ)に覆われる。世界の熱帯から温帯に60属850種あり、日本には4属21種分布する。庭園によく植栽されるニシキギ、マサキが代表的なものである。果実に精油成分を含み、工業用や薬用に供されるものもある。

[門田裕一 2020年2月17日]

 APG分類でもニシキギ科とされる。ウメバチソウは科として独立していたこともあったが、ウメバチソウ属としてニシキギ科に含まれる。世界に約90属1300種あり、日本には6属30種が自生する。

[編集部 2020年2月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニシキギ科の言及

【ニシキギ】より

…山に自生し,また庭にもよく植えられるニシキギ科の落葉低木(イラスト)。秋に美しく紅葉するところから,和名がついた。…

※「ニシキギ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android