モグリスタン・ハン国(読み)モグリスタン・ハンこく(英語表記)Moghūlistān Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モグリスタン・ハン国
モグリスタン・ハンこく
Moghūlistān Khanate

別名東チャガタイ・ハン国チャガタイ・ハン国の内部抗争による東西分裂の結果,天山山脈地帯に成立した国 (1348~1514) 。明朝文献では別失八里 (ベシバリ〈ク〉) とか亦力把里 (イリバリ〈ク〉) と呼ばれている。始祖はトゥグルク・チムール。イリ盆地を中心に天山周辺と南部のカシュガル,ヤルカンドなどのオアシス地帯,東部天山のいわゆるウイグリスタンを領域とし,ドグラト家がハン国の宰相として絶大な権勢をふるった。 14世紀後半にチムール (帖木児) の遠征を受け,15世紀初頭オイラート (瓦剌) と対立した。その後イリからタシケントにいたる地域とウイグリスタンとに2分。 16世紀初めにオイラートとカザフとの圧迫を受けて崩壊し,カシュガルに拠ったサイード・ハンが 1514年にカシュガル・ハン国を建てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android