コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モグリスタン・ハン国 モグリスタン・ハンこくMoghūlistān Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モグリスタン・ハン国
モグリスタン・ハンこく
Moghūlistān Khanate

別名東チャガタイ・ハン国チャガタイ・ハン国の内部抗争による東西分裂の結果,天山山脈地帯に成立した国 (1348~1514) 。明朝文献では別失八里 (ベシバリ〈ク〉) とか亦力把里 (イリバリ〈ク〉) と呼ばれている。始祖はトゥグルク・チムール。イリ盆地を中心に天山周辺と南部のカシュガルヤルカンドなどのオアシス地帯,東部天山のいわゆるウイグリスタンを領域とし,ドグラト家がハン国の宰相として絶大な権勢をふるった。 14世紀後半にチムール (帖木児) の遠征を受け,15世紀初頭オイラート (瓦剌) と対立した。その後イリからタシケントにいたる地域とウイグリスタンとに2分。 16世紀初めにオイラートとカザフとの圧迫を受けて崩壊し,カシュガルに拠ったサイード・ハンが 1514年にカシュガル・ハン国を建てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モグリスタン・ハン国の関連キーワードターリーヒ・ラシーディートゥグルク・ティームールマンスール(満速児)ユーヌス・ハン焉耆

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android