コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスクワ国際経済会議 モスクワこくさいけいざいかいぎMoscow Economic Conference

1件 の用語解説(モスクワ国際経済会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスクワ国際経済会議
モスクワこくさいけいざいかいぎ
Moscow Economic Conference

1952年4月3~12日東西両陣営の 49ヵ国,471名の民間代表が参加してモスクワ労働組合会館で開催した国際経済会議。世界経済会議ともいわれた。会議の目的は異なった国々が体制をこえて,平和的協力と経済関係の発展を通じて,相互の生活水準の向上をはかることにあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モスクワ国際経済会議の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone