コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスコプウロス モスコプウロスMoschopoulos, Manouēl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスコプウロス
Moschopoulos, Manouēl

[生]1265頃
[没]1315頃
ビザンチンの文献学者。プラヌデスの弟子。さまざまなギリシア古典文学の本文校訂と注釈を行なったほか,『文法の諸問題』 Erotēmata grammatika,『アッチカ語集録』 Syllogē onomatōn attikōnなどの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モスコプウロスの関連キーワードトリクリニオス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android