沈金(読み)ちんきん

日本大百科全書(ニッポニカ)「沈金」の解説

沈金
ちんきん

漆器の加飾法の一種塗りの表面に文様を彫刀で浮彫りし、生漆(きうるし)を摺(す)り込み、乾かないうちに金箔(きんぱく)または金粉を彫りの中に綿を使って押し込み、金条線の文様を表したもの。銀箔を用いたものは沈銀という。この技法の起源は中国鎗金(そうきん)(金、創金とも書く)で、発生時期は不明で、南宋(そう)代(13世紀)の文献に製作が行われたとある。現在日本に、延祐2年(1315)浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)の金家と宋家とが製作したという漆書銘文をもつ経箱(きょうばこ)が福岡市誓願寺、尾道(おのみち)市浄土寺とその末寺光明坊に3点残り、これらが銘文のある最古の作品である。これら経箱の構造形式はまったく同一で、沈金の文様も格狭間(こうざま)の中に双鳥と雲文とを表し、その周囲を花文で埋めた緻密(ちみつ)な構図も共通である。東大寺に伝わる雲鳳(うんぽう)鎗金経櫃(きょうびつ)は、文様の描写がこれより細密になり、輪郭と内部が異なる線で彫られて肥痩(ひそう)に富み、上(うわ)塗りに緑漆がかけられている。明(みん)初期(14世紀末)の『輟耕(てっこう)録』によれば、図様は自然景観、花鳥、建築物、故事上の人物などをテーマとしたとあるので、当時は絵画的表現もなされていたと推測される。

 沈金の名称は『庭訓(ていきん)往来』(14世紀後半成立)に沈金の香合(こうごう)が記されているのが初出で、15世紀には『看聞御記(かんもんぎょき)』(応永28年〈1421〉12月25日の項)や『蔭凉軒日録(いんりょうけんにちろく)』(永享7年〈1435〉6月29日の項)などにもみられるが、これらはかならずしも日本でつくられたものとはいえない。日本の沈金で年代の明らかなものは岐阜県勧学院の鳳凰桐文(ほうおうきりもん)経箱(1538)で、同時期の作と考えられる銘文のない遺品に、鳳凰沈金手箱(重文、石川県白山比咩(しらやまひめ)神社)や蓬莱(ほうらい)沈金手箱(東京国立博物館)などがある。江戸時代になると、享保(きょうほう)年間(1716~36)に長崎で、また寛政(かんせい)年間(1789~1801)に江戸の医師二宮桃亭(にのみやとうてい)が優れた作品をつくり、また明治に出た『工芸志料』(1877)には能登(のと)国(石川県)輪島でも製作され始めたことが記されている。現在は輪島の特産として知られるほか、会津若松、秋田川連(かわつら)でも同種のものがつくられている。

[郷家忠臣]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「沈金」の解説

ちん‐きん【沈金】

〘名〙 漆芸の技法の一種。漆塗の面に刀で模様を彫り、彫った中に漆を摺(す)りこみ、金箔や金粉を押しこんで付着させ、文様を表わしたもの。中国では元時代にすでにこの技法が行なわれ、鎗金(そうきん)・鏤金(るきん)と称され、日本には鎌倉・室町時代に伝えられた。現在、輪島(石川)・河和田(福井)・川連(秋田)・平沢(長野)などで行なわれている。沈金塗り。沈金彫り。沈金蒔絵。〔異制庭訓往来(14C中)〕
※洒落本・廓通遊子(1798)発端「何だ、と朱のちんきん大ひらをあけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「沈金」の解説

沈金【ちんきん】

漆器の加飾の一技法。中国名は【そう】金(そうきん)。漆面に模様を針彫し,摺(すり)漆して金箔(きんぱく)や金粉を押し込むもので,彫られた部分に金が沈むため沈金という。中国では宋代に盛んになり,日本に伝えられて室町時代以後行われた。江戸時代以降,能登の輪島でも行われ,輪島塗の沈金として名高い。
→関連項目蒟醤窪俊満存星琉球文化

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「沈金」の解説

沈金
ちんきん

漆工技法の一種。中国,宋代の鎗金 (そうきん) の技法が日本に伝わったもの。黒漆あるいは彩漆 (いろうるし) 塗りの上に文様を線状に浅く彫り,生漆 (きうるし) をすりこんで金箔を押し,乾燥後はみ出した金箔を拭い取って文様部分にだけ金線を残す。日本では室町時代から行われた。石川県輪島市および沖縄本島が産地として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「沈金」の解説

ちん‐きん【沈金】

漆器の装飾技法の一。漆を塗った面に毛彫りで文様を施し、その彫り溝に金箔や金粉を押し込むもの。中国では鎗金(そうきん)とよび、日本へは室町時代に伝わった。現在、石川県輪島市・秋田県湯沢市川連(かわつら)などで行われている。沈金塗り。沈金彫り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「沈金」の解説

ちんきん【沈金】

漆工芸の加飾技法の一つ。漆面に小刀で線彫りし,彫溝に金箔を付着させて文様を表したもの。近代では金箔のかわりに金泥や色粉も用いられる。〈沈金〉は和名で,中国明代の書《髹飾録(きゆうしよくろく)》には〈鎗金 鎗或作 或作創 一名鏤金〉とあり,中国では一般に鎗金(そうきん)または金(そうきん)という。14世紀にはすでにつくられ,存星(ぞんせい)や東南アジアで発達した蒟醬(きんま)の母体となった技法である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android