コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルガルテンの戦い モルガルテンのたたかい Battle of Morgarten

2件 の用語解説(モルガルテンの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルガルテンの戦い
モルガルテンのたたかい
Battle of Morgarten

1315年 11月 15日スイス原初三州が,オーストリアハプスブルク家レオポルト1世の大軍に勝った戦い。スイス農民の長槍歩兵軍は,エーゲリ湖とモルガルテン山の間の狭い道を南下しようとしたオーストリアの騎士軍を襲い完勝,スイス独立史上の決定的な戦いとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルガルテンの戦い
もるがるてんのたたかい

1315年11月15日、スイス農民軍がモルガルテンMorgartenにおいて初めてハプスブルク家の騎士軍団を破り、独立への歩みを進めた戦闘。1291年、ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ドイツ王)ルードルフ1世が死に、子のアルプレヒト1世Albrecht (在位1298~1308)が家領を相続すると、ウリ、シュウィーツ、ウンターワルデンの三つの森林州(ワルトシュテッテ)(「原始三州」ともいわれる)は「永久同盟」を結び、「スイス盟約団」を成立させて、ハプスブルク家の支配に対抗した。その後、ドイツ王には、ルクセンブルクのハインリヒ7世が選出され、スイス三州には自由特許状が与えられたが、1313年この王が死ぬと、ハプスブルク家のフリードリヒとバイエルン公ルートウィヒとがともに国王位を称して争うことになった。スイス盟約団はルートウィヒを支持し、さらにシュウィーツが、ハプスブルク家の庇護(ひご)下にあるアインジーデルンの修道院と紛争を起こすと、フリードリヒは森林州に「帝国追放」の刑を布告するとともに、弟のオーストリア公レオポルト1世を指揮官として追討の大軍を差し向けた。シュウィーツに向かった本隊は、エーゲリ湖とモルガルテン山に挟まれた隘路(あいろ)で、スイス歩兵に急襲され、上から巨岩や大木を投げ落とされて混乱するところを、側面攻撃を受けて敗走した。戦死または湖での水死者は1500を数えたといわれる。この戦闘は、中世の騎士軍団の存在意義を失わしめるものとなった。1315年12月9日、森林三州は、初めてドイツ語で文書を作成して同盟を更新、その団結をいっそう強固にした。[中井晶夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガルテンの戦いの関連キーワード原初初三初三の月さんすうすいすいスイスイスイスカラークレヨンスイスフラッグ鉛筆ゼンパハの戦坂井犀水《宗教生活の原初形態》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone