コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モデナ公国 モデナこうこくDucato di Modena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モデナ公国
モデナこうこく
Ducato di Modena

エステ家イタリア中部に領有した公国 (1452~1860) 。 1452年エステ家のボルソが神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世からモデナ公の称号を与えられて成立した。 16世紀を通じてエステ家と教皇との紛争が絶えず,1598年にフェララが教皇領に奪われることになったが,この結果としてエステ家の本拠がモデナに移され,文芸の庇護に熱心であったエステ家によりモデナの文化,建築が活発となった。 17世紀は比較的平穏に過ぎたが,18世紀前半にフランスオーストリアにたびたび占領された。 1796年フランス軍の侵入後チスパダーナ共和国,次いでチザルピーナ共和国に編入されたが,ウィーン会議によってハプスブルク系エステ家フランチェスコ4世のもとでの再興が認められた。 1831年にカルボナリ派 (→カルボナリ結社 ) の立憲革命が起り,48年革命を経験したあと,59年 L.ファリーニが独裁権を掌握したため,最後のモデナ公フランチェスコ5世はマントバに逃れた。 60年3月の住民投票サルジニア王国への併合が決り,公国は消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone