コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノコック構造 モノコックこうぞう

百科事典マイペディアの解説

モノコック構造【モノコックこうぞう】

一般には外板だけで荷重に耐えることのできる構造をいう。自動車の場合は車体とフレーム(骨組)を一体に作った車体構造をいう。軽量で,剛性が大きく,床面を低くできるなどの特長がある。
→関連項目新幹線飛行機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

モノコック構造の関連キーワード三菱エアロバス MS725スバル1000 A12民生 リヤエンジンバスセスナ・エアクラフトモノコックボディレーシングカー応力外皮構造ユンカース有限要素法京都タワー張殻構造シャシ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モノコック構造の関連情報