コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハッラム祭 モハッラムさいMuḥarram

1件 の用語解説(モハッラム祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モハッラム祭
モハッラムさい
Muḥarram

イスラム暦の第1月に行われるシーア派の祭り。イスラム暦 61年モハッラム月 10日 (西暦 680.10.10) ,ムハンマドの女婿アリーの息子フサインカルバラーの野で殉教したことを記念し,イスラム教シーア派ではこの月の初めから 10日まで痛悔の苦行を行い,カルバラーの悲劇をしのび,受難劇 (タージエ) や服喪の行列をする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone