モハッラム祭(読み)モハッラムさい(英語表記)Muḥarram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モハッラム祭
モハッラムさい
Muḥarram

イスラム暦の第1月に行われるシーア派の祭り。イスラム暦 61年モハッラム月 10日 (西暦 680.10.10) ,ムハンマドの女婿アリーの息子フサインがカルバラーの野で殉教したことを記念し,イスラム教シーア派ではこの月の初めから 10日まで痛悔の苦行を行い,カルバラーの悲劇をしのび,受難劇 (タージエ) や服喪の行列をする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android