コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モホーク族 モホークぞくMohawk

翻訳|Mohawk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モホーク族
モホークぞく
Mohawk

アメリカインディアンのイロコイ連盟の最東端に位置した民族。モホーク谷の南面の3村落に居住。人口約 5000と推定される。古くから近隣のアルゴンキン語系諸族と抗争し,丘の上にモホークの城と呼ばれる城塞を築いていた。イロコイ連盟を形成した平和の予言者デカナワイダ Dekanawidaの説に最初に共鳴したのは,モホークの指導者ヒアワタ Hiawathaといわれる。社会は3氏族 (カメ,オオカミ,クマ) から成り,各3人の代表者が連盟に出席した。その後,ヨーロッパ人との接触により人口は激減したが,保護政策で再び増加した。農耕に従事する者もいるが,危険な職業や,工場などに働く者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のモホーク族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…他方,セント・ローレンス川地方に植民地を建設したフランスは,毛皮交易の相手アルゴンキン系諸部族と友好関係を結んだ。またオランダが建設したオルバニー植民地も毛皮交易を通じてモホーク族との友好関係を保ったが,ニューアムステルダム植民地ではキーフト戦争などでインディアンを冷酷に虐殺し土地を奪取した。このようにインディアンと白人との関係は,パークマンの言うように〈文明〉の違いというよりは,主として土地奪取を前提とする農業植民地の建設・拡大か,毛皮交易かという植民の経済的動機によって規定された。…

【イロコイ諸族】より

…北アメリカ北東部の森林地帯に居住していたインディアンで,イロコイ系言語の話者の総称。そのなかで,セネカSeneca,カユガCayuga,オノンダガOnondaga,オナイダOneida,モホークMohawkの5部族(後にタスカローラTuscaroraが加入して6部族)がイロコイ同盟を結成していた。L.H.モーガンの研究によりイロコイ同盟は広く知られている。同盟を構成する諸部族はセント・ローレンス川流域からオンタリオ,エリー両湖周辺に居住していた。…

※「モホーク族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モホーク族の関連キーワード北アメリカインディアンサンティー スミスP. ジョンソンモヒカン族ジョンソンオカの闘いブラントジョーグ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android