コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジバアラリア Dizygotheca elegantissima Vig.et Guill.

世界大百科事典 第2版の解説

モミジバアラリア【Dizygotheca elegantissima Vig.et Guill.】

ニューカレドニア,ポリネシアの原産のウコギ科の常緑高木。挿木で育て,小苗を観葉植物として鉢植えにして観賞する。掌状に切れこんだ葉は9~10枚の小葉を有し,長さ15~20cmで,暗緑色に褐赤紫色を帯び,粗い鋸歯縁となる。日照不足にもよく耐え,強く刈り込んでもよく芽を出す。自生地では高さ10mほどの常緑高木で,葉はひじょうに大きくなる。形態に変異があり,小葉,葉柄ともに上向きとなる立葉性の品種もある。カスターcv.Castorは小葉が3~5枚で,長さ5~7cm,幅1~2cm,鋸歯縁の矮性(わいせい)種である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モミジバアラリアの関連キーワードニューカレドニア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android