成年(読み)せいねん

日本大百科全書(ニッポニカ)「成年」の解説

成年
せいねん

人(自然人)が完全な行為能力者となる年齢をいい、それに達しない間を未成年という。日本では、1876年(明治9)の太政官布告以来、満20年をもって成年としてきた(民法旧4条)。しかし、2007年(平成19)の「日本国憲法の改正手続に関する法律(通称、国民投票法)」(平成19年法律第51号)では、「日本国民で年齢満18年以上の者は、国民投票の投票権を有する」(同法3条)とされた。また、選挙権に関しては、2015年(平成27)の「公職選挙法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第43号)により、公職の選挙の選挙権を有する者の年齢について、満20年以上から満18年以上に改められた(公職選挙法9条)。こうした流れを踏まえ、市民生活に関する基本法である民法においても、18歳以上の者を成人として取り扱うのが適切ではないかとの議論がなされ、2018年6月に、民法の定める成年年齢を18歳に引き下げること等を内容とする「民法の一部を改正する法律」(平成30年法律第59号)が成立した(2022年(令和4)4月1日施行)。

 民法が定める成年年齢には、(1)単独で完全に有効な契約を結ぶことができる年齢という側面と、(2)父母の親権に服さなくなる年齢という側面がある。すなわち、(1)未成年者が法律行為をするときには、原則として法定代理人の同意を得なければならず(同法5条1項)、法定代理人の同意なしにした法律行為は、これを取り消すことができる(同条2項)。また、(2)父母は、未成年者の監護および教育をする義務を負う(同法818条・820条)。それゆえ、民法が定める成年年齢を20歳から18歳に引き下げると、18歳に達した者は、単独で有効な契約を結ぶことができ、かつ、父母の親権に服さなくなる。

 また、2018年の改正前の民法は、婚姻開始年齢(婚姻適齢)を、男性18歳、女性16歳としつつ(同法旧731条)、未成年者であっても、婚姻すると成年に達したものとみなされる(同法旧753条)としていた(婚姻擬制)。しかし、同改正法では、女性の婚姻開始年齢を18歳に引き上げ、男女ともに18歳にならなければ婚姻することができないこととした(同法731条)。そして、これに伴い、婚姻擬制の規定(同法旧753条)を削除した。

 そのほか、民法の成年年齢は、民法以外の法律においても、各種の資格の取得や各種行為を行うための基準年齢とされている。それゆえ、たとえば、10年有効のパスポートの取得や、公認会計士・司法書士・行政書士などの職業につくことも、18歳でできるようになる。しかし、飲酒・喫煙や、公営競技(競馬・競輪・オートレース・モーターボート競走)の年齢制限については、健康面に対する影響や青少年保護の観点から、従来の年齢要件(20歳)が維持されている。

[野澤正充 2022年4月19日]

『〔WEB〕農林水産省農林水産技術会議『法務省民事局参事官室・民法改正 成年年齢の引下げ――若者がいきいきと活躍する社会へ』 https://www.moj.go.jp/content/001300586.pdf(2022年3月閲覧)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「成年」の解説

成年【せいねん】

人が未成年を脱して完全な行為能力者となる年齢。民法上は満20年をもって成年とするが(民法3条),未成年者でも婚姻すれば成年に達したものとみなされる(民法753条)。天皇・皇太子・皇太孫の成年は満18年とされる(皇室典範22条)。成年に達すれば,行為能力を取得するほか,種々の法律効果がある。→成年後見制度

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「成年」の解説

せい‐ねん【成年】

〘名〙 人が完全な行為能力を取得する年齢。日本の民法では満二〇歳であるが、未成年者でも婚姻をすれば成年に達したものとみなされる。また、天皇・皇太子・皇太孫の場合は満一八歳とされている。また、その年齢に達した者。成人。⇔未成年
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「二十歳以上の成年」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「成年」の解説

せい‐ねん【成年】

人が完全な行為能力を有し、父母の親権に服さなくなるとみなされる年齢。日本の現行制度では、満18歳。成人年齢
[補説]明治29年(1896)の民法制定以来、成年は満20歳だったが、令和4年(2022)4月、改正民法施行により満18歳に引き下げられた。飲酒・喫煙・公営競技をしてよい年齢、国民年金への加入義務年齢などは、民法改正後も満20歳のまま。なお、天皇皇太子皇太孫皇室典範により、以前から満18歳を成年としていた(他の皇族は満20歳だったが民法改正に伴い満18歳となった)。
[類語]成人アダルト大人おとな大人だいにん社会人成丁せいてい丁年ていねん壮年一人前分別盛り訳知り壮丁壮者おじさんおじちゃんおっさんおっちゃん親父おじん父ちゃん坊やおばさんおばちゃんおばん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「成年」の解説

せいねん【成年】

人が一人前と認められる年齢のことであるが,何歳をもって成年とするかは,社会や国あるいは時代によって異なる。また,さまざまな儀礼が伴うことが多い。
【日本】

[古代]
 日本古代律令に規定される年齢区分では,男子は課役賦課対象の21歳以上の正丁を成人とみなしている。ただし17~20歳(少丁・中男)を16歳以下と区別して一部の課役賦課を開始する年齢としていた。《日本書紀》崇峻即位前紀に男子の髪形が15,16歳と17,18歳で大幅に変化する古俗を記しており,17歳に区切りをおいたことは,当時の民間の年齢区分となんらかのかかわりも予想される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android