コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモイロペリカン ももいろぺりかん

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モモイロペリカン

名前は、繁殖期に体が桃色になることに由来する。ヨーロッパ南東部やアジア、北アフリカの河口や湿地などに集団で生息し、越冬のため温暖な地域に渡ることも。世界に7種いるペリカンのうち最も個体数が多い。「ときわ公園」が成鳥、園内の動物園がひなを飼っており、1985年に日本で初めて人工孵化(ふか)を成功させた。このとき誕生した「カッタ君」は近所の幼稚園に飛んで通い、園児と遊ぶ姿が話題を呼んだ。

(2017-01-10 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モモイロペリカン
ももいろぺりかん
white pelican
[学]Pelecanus onocrotalus

鳥綱ペリカン目ペリカン科の水鳥。非常に大形の種で、全長約157センチメートルに達する。全身白色で、成鳥では桃色に紅潮することがある。アフリカや南ヨーロッパ、中央アジアなどの内陸湖沼や河口域で繁殖する。冬季にはインド、マレー半島に渡るものもみられる。湖沼では隊列をつくって魚を浅い所に追い込み、共同で採餌(さいじ)することもある。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモモイロペリカンの言及

【ペリカン】より

…アメリカ大陸の暖帯~熱帯沿岸にすむカッショクペリカンPelecanus occidentalisは,他のペリカン類のように遊泳しながらではなく,空中から餌をめがけて海に突入し,水に入った瞬間に下くちばしののど袋を広げ,その中に魚を追い込んでとらえるという特異な採餌法をもっている。ほかにユーラシア西部のモモイロペリカンP.onocrotalus,東部のハイイロペリカンP.philippensis(イラスト),熱帯北アフリカのコシベニペリカンP.rufescens,オーストラリアのオーストラリアペリカンP.conspicillatus,北アメリカのシロペリカンP.erythrorhynchosがある。日本には,まれにハイイロペリカンが渡来する。…

※「モモイロペリカン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モモイロペリカンの関連キーワードケニアグレートジュッジ国立鳥類保護区ディアウリング国立公園バンダルギン国立公園アルガン岩礁国立公園ジュディ鳥類保護区ドナウカッタくん

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モモイロペリカンの関連情報