コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモスズメ(桃雀) モモスズメ Marumba gaschkewitschii

1件 の用語解説(モモスズメ(桃雀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モモスズメ【モモスズメ(桃雀) Marumba gaschkewitschii】

鱗翅目スズメガ科の昆虫。翅の開張6~8cm。前翅の翅頂はとがり,外縁は鋸歯状。赤みをおびた褐色で,黒褐色線が多数あり,外縁部と翅底部は黒く,外縁に近い後縁部に丸い紋がある。後翅は紅色あるいは赤色,後角近くに黒紋がある。北海道から屋久島までの各地,朝鮮半島,台湾,中国からインドまで分布する。全国的にもっともふつうに見られるスズメガで,春から夏にかけて2回出現する。夜行性で,灯火によく飛来する。幼虫は多食性で,モモ,ウメ,サクラスモモアンズ,ナシ,リンゴ,ビワなどのバラ科のほか,ニシキギ,ツゲなど多くの植物の葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モモスズメ(桃雀)の関連キーワード蝦殻天蛾枯葉蛾小菜蛾天狗蝶毒蛾蜂蜜蛾雀蛾紅天蛾蜂雀蛾面形天蛾

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone