コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズメガ スズメガSphingidae; hawk moth

3件 の用語解説(スズメガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズメガ
スズメガ
Sphingidae; hawk moth

鱗翅目スズメガ科の昆虫の総称。一般に中~大型のガで体は太い。頭部は比較的大きく,単眼を欠く。触角はやや太く,糸状,鋸歯状または棍棒状で,先端は細く鉤状になり,雄では繊毛塊を列生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スズメガ

鱗翅(りんし)目スズメガ科の総称。体は流線形で,翅(はね)は細長くほぼ三角形。飛ぶ力が強く活発,主として夜間活動し,花にとまらないで蜜を吸う。幼虫は芋虫の代表で,円筒形,無毛,第8腹節に尾角がある。
→関連項目芋虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズメガ
すずめが / 雀蛾
hawk moth

昆虫綱鱗翅(りんし)目スズメガ科Sphingidaeの昆虫の総称。中形から大形のガで、大きいものははねの開張150ミリメートルを超える。胴は太く、流線形、はねは細長く、前翅の先端はとがる。よく発達した筋肉とジェット機のような体形によって、飛翔(ひしょう)力がきわめて強い種が少なくない。夜行性の種が多いが、一部は昼飛性(ホウジャク類、オオスカシバなど)、一部は薄暮性(エビガラスズメ)である。花を訪れ蜜(みつ)を吸う種類のなかには、口吻(こうふん)が長い種もあって、ハチドリのように、花の近くで飛びながら静止し、蜜を吸うこともある。メンガタスズメのように、ミツバチの巣に舌を突き刺して蜜を吸う種類では、口吻が頑丈で、先が鋭くとがっている。全世界に1000種以上分布しているが、熱帯地方に種の数が多い。日本からは70種記録されているが、そのうちの3、4種は土着種でなく、偶産的にとれたものである。
 幼虫はイモムシで、第8腹節に尾角という1本の突起をもっている。樹木や草本の葉を食べ、土中あるいは石の下などで蛹化(ようか)する。ゴマ(メンガタスズメ、シモフリスズメ)、モモ、ウメ、サクラなど(モモスズメ、ウチスズメ)、ブドウ(ブドウスズメ、クルマスズメ、ビロードスズメ、コスズメ、セスジスズメ)、サツマイモ(エビガラスズメ)などの害虫もいるが、大きな被害はない。
 夏季、夕飯を楽しんでいるとき、灯火に誘引されて屋内に飛び込んできたスズメガが、電灯や壁にぶつかって鱗粉をまき散らすと、楽しい食事をしているのに一時中断しなければならないので、不快昆虫の一つに数えられよう。飛翔力の強いエビガラスズメなどは、かなり長距離を移動することができるので、分布が非常に広い。日本全土ばかりでなく、ユーラシア大陸からアフリカ、東南アジアから太平洋の島々にまで分布圏を広げている。アフリカで羽化したエビガラスズメが、年々地中海を越えてヨーロッパに渡っていく。しかし、寒冷地で冬を越すことができないので、緯度の高い地域では死に絶えてしまう。また、都市近郊の住宅地で庭木としてよくイヌツゲを植えるので、幼虫がこの植物を好むコエビガラスズメが、年々住宅地で発生するようになった。幼虫がクチナシの葉を食べる昼飛性のオオスカシバも、庭に植えられたクチナシを求めて活発に移動し、都会地でしばしば発生する。このように人為的な環境に適応し、繁栄しているスズメガもある。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スズメガの関連情報