コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモタマナ(桃玉菜) モモタマナTerminalia catappa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モモタマナ(桃玉菜)
モモタマナ
Terminalia catappa

シクンシ科の落葉高木。旧大陸の熱帯,亜熱帯地方に広く分布する。日本では琉球列島と小笠原諸島に自生し,しばしば栽植もされる。枝が水平に出て大きく広がる。互生する葉は枝先に集り,枝の基部には落葉痕が目立つ。葉身は長さ 25~30cmもの倒卵形で質は厚く,表面は光沢のある濃緑色で落葉前に紅葉する。しかし一斉に紅葉するのではなく,古い葉が個別に紅葉して緑葉に交る。枝先に長い花穂を出し,淡黄色の小花を多数つける。萼片は5枚で,花弁はない。果実はやや扁平な楕円形で両側は稜となり,モモの核に似る。沖縄ではコバテイシの名で呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報