コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラーダバード もらーだばーどMoradabad

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラーダバード
もらーだばーど
Moradabad

インド北部、ウッタル・プラデシュ州中北部の都市。人口64万1240(2001)。デリーの東約150キロメートルに位置する。1625年ラスタム・カーンが創建したといわれ、いまも彼が建てたといわれるジャマー・マスジット回教寺院が残っている。植民地時代にはインド北西州の中心地となり、インドの大反乱(1857)では一拠点となった。農産物の集散地で、綿織物、金属器(真鍮(しんちゅう))製造が知られる。[中山晴美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

モラーダバード(Moradabad)

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市。デリーの東約150キロメートル、ガンジス川の支流ラムガンガ川沿いに位置する。17世紀、ムガル帝国のラスタム=カーンが建設。のちにシャー=ジャハーンの息子ムラード=バフシュにちなみ、現名称に改称された。鉄道交通の要地で、農産物の集散地。真鍮(しんちゅう)細工の工芸品が有名。モラーダーバードムラーダーバード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android