モラーダバード(読み)もらーだばーど(英語表記)Moradabad

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラーダバード
もらーだばーど
Moradabad

インド北部、ウッタル・プラデシュ州中北部の都市。人口64万1240(2001)。デリーの東約150キロメートルに位置する。1625年ラスタム・カーンが創建したといわれ、いまも彼が建てたといわれるジャマー・マスジット回教寺院が残っている。植民地時代にはインド北西州の中心地となり、インドの大反乱(1857)では一拠点となった。農産物の集散地で、綿織物、金属器(真鍮(しんちゅう))製造が知られる。[中山晴美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

モラーダバード(Moradabad)

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市。デリーの東約150キロメートル、ガンジス川の支流ラムガンガ川沿いに位置する。17世紀、ムガル帝国のラスタム=カーンが建設。のちにシャー=ジャハーンの息子ムラード=バフシュにちなみ、現名称に改称された。鉄道交通の要地で、農産物の集散地。真鍮(しんちゅう)細工の工芸品が有名。モラーダーバードムラーダーバード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android