コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルデント mordent

翻訳|mordent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルデント
mordent

音楽用語。装飾音の一種。もとの音とその下または上の音符を急速に1~2回往復する。普通は,もとの音とその2度下の音を往復する場合をローアー・モルデントあるいは単にモルデントといい,もとの音とその2度上の音を往復する場合をアッパー・モルデント,またはプラルトリラーと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モルデント(〈ドイツ〉Mordent)

装飾音の一。主要音から下2度の音を経てすぐ主要音へ戻るもの。漣音(れんおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

モルデント【Mordent】

音楽で、装飾音の一種。ある音と二度下の隣接音とを急速に交代させるもの。二度上の音と行う場合にもいうことがある。漣音れんおん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のモルデントの言及

【装飾音】より

…名称も各国により,また個々の作曲家によって多様である。今日よく知られている装飾音のおもな類型は,ある長さをもった音を細分化して隣接する音との間を振動させる〈トリルtrill〉や〈モルデントmordent〉,音のまわりを旋回して装飾する〈ターンturn〉(図2,3),前に非和声音を付加して音を強調する〈アッポジアトゥーラappoggiatura〉や〈シュライファーSchleifer〉,およびそれらが複合されたもの(図4,5)などである。 このように装飾音は,演奏行為と密接に結びつき,またおもに様式カテゴリーに属する音楽的要素であった。…

※「モルデント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モルデントの関連キーワードシュネラー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android