モンモーラン化石人骨(読み)モンモーランかせきじんこつ(英語表記)Montmaurin fossils

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランスのオートガロンヌにあるモンモーランの石灰岩洞窟で,1949年 M.R.カマにより発見された化石人類の6本の大臼歯をもつ下顎骨,椎骨1個,4本の遊離歯 (切歯,犬歯,小臼歯,大臼歯) 。前ムスティエ文化の硅岩,フリント製の石器,暖かい気候を示す動物 (赤シカ,ウマ,クマなど) の化石骨を伴う。年代測定は困難であったが,一般に第2間氷期のもので,スワンズコムの頭骨と同時代のものと考えられている。下顎骨は比較的小型であるが,がんじょうで下顎体は厚く,下顎枝の幅は中等度, (おとがい) はなく,歯列弓は放物線状で下顎角は丸い。大臼歯の歯冠はドリオピテクス型を示し,エナメルにはが少しある。歯髄腔はやや大きくなっている。モンモーラン化石人骨の位置ははっきりしないが,初期のホモ・サピエンスに分類されることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android