コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おとがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


おとがい

下顎下縁前端正中部の高まりで,いわゆる顎先のこと。この高まりは,現生人類を含む新人類において成立したもので,学者によれば,頤があることによって,新人類である証明とみなす者もいる。原始人類から現生人類にいたる過程において,下顎骨は縮小していく傾向にあるが,特に歯槽部の退縮が目立つ。そのわりに下顎骨底は退縮が著しくなかったが,結果として,頤部分が取残されたように突出する。類人猿,および猿人から旧人類までは,下顎骨にこの頤がみられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おとがい〔おとがひ〕【×頤】

[名・形動]
下あご。あご。
減らず口。また、減らず口をたたくこと。また、そのさま。
「えらい―なわろぢゃ」〈滑・膝栗毛・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぎろ【頤】

( 名 ・形動ナリ )
広大なさま。深遠なこと。 「功徳のりのわざ-なり/日本書紀 欽明訓
はなはだしいさま。非常なこと。 「余りに敵を侮つて、-に大はやりなりし故に/太平記 20

おとがい【頤】

下あご。あご。
口。 「 -明いた任せに/歌舞伎・幼稚子敵討」
盛んにしゃべりたてること。口数が多いこと。 「踏まれてさへあの-、人を踏んだらどうあろ/浄瑠璃・寿の門松」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【あご(顎)】より

…脱臼後は早く整復する必要がある。
[おとがい(頤)]
 下顎の正中部,下唇の下に,横走する溝をへだてて突出する部分である。英語でchinと呼ぶ部分であるが,日本語には〈おとがい〉といういささか古びた言葉しかなく,日常は〈あご〉や〈下あご〉で不正確ながらこの部分を指すことが多い。…

※「頤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頤の関連キーワード濂洛関閩の学あけらかん頤が落ちる頤を鳴らす程【こう】光風霽月頤をきくちょつる沢田東江頤を利く洛閩の学頤を叩く花の君子二程全書酔生夢死減らず口近思録万寿山程朱学昆明湖

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頤の関連情報