コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モン・ブラン[山] Mont Blanc

翻訳|Mont Blanc

世界大百科事典 第2版の解説

モン・ブラン[山]【Mont Blanc】

ヨーロッパ・アルプスの最高峰。標高4807m。フランスとイタリアの国境にあり,フランス側が〈白い山〉というその名のように白雪の美しい山容を呈しているのに対して,イタリア側は荒々しい岩稜と氷壁を形成している。イタリア名はモンテ・ビアンコMonte Bianco。フランス側からの登頂は比較的容易だが,イタリア側はアルプスで最もスケールが大きい困難なルートばかりで,熟練者でなければ登れない。初登頂は1786年8月8日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモン・ブラン[山]の言及

【アルプス[山脈]】より

…ここに1200万の人々が居住する。その間に西からモン・ブラン山塊,マッターホルン・モンテ・ローザ山塊,ユングフラウ山塊,ベルニナ山塊などの4000m級の山塊やオルトラー山塊,ホーエ・タウエルン山塊などの3000m級の山塊が数多くあり,最高峰はモン・ブラン(4807m)である。第三紀の造山運動でできた褶曲山地であるが,第四紀の氷期に氷河作用をうけ,その氷食地形をよくとどめる。…

【登山】より

…槍ヶ岳が播隆上人により開山されたのは1828年(文政11)のことであった。
[近代的登山の発展]
 近代的登山の幕開けとなったのはアルプスの最高峰モン・ブラン(4807m)登頂である。1760年,ジュネーブの自然科学者H.B.deソシュールはフランスのシャモニを訪れ,モン・ブランの初登頂者に賞金を出すことを提唱し,これにこたえ86年シャモニの医者M.G.パカールと案内人の水晶取りJ.バルマが登頂に成功した。…

※「モン・ブラン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android