コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーセの昇天 モーセのしょうてんAscension of Moses

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーセの昇天
モーセのしょうてん
Ascension of Moses

旧約聖書の偽典の一つ。7~30年頃の作とみられ,元ヘブライ語またはアラム語で書かれたらしいが,現在残っているのは,ギリシア語訳からの重訳ラテン語写本のみである。モーセの遺言がイスラエル史を背景に述べられている。著者はパリサイ人らしく,メシア律法学者エレアザール (第2マカベア書6・18~) のような忍耐強い殉教者であるとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone