コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽典 ぎてんPseudepigrapha

翻訳|Pseudepigrapha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偽典
ぎてん
Pseudepigrapha

主として前 200年より 150年までの期間に,権威を高めるために実際の著者以外の名を用いて著わされた諸文書のうち,旧約聖書正典 Canonおよび経典外聖書 (経外典ともいう) Apocryphaに含まれていないもの。『アリステアスの手紙』『ヨベルの書』『イザヤの殉教と昇天』『ソロモンの詩編』『第3,第4マカベア書』『シビルの神託』『第1,第2エノク書』『モーセの昇天』『バルクの黙示録』 (2種) ,『十二族長の遺言』など。ただしカトリック教会では,プロテスタントのいう外典も第2正典として正典に含めているので,プロテスタントのいう偽典は経外典 (外典) と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎてん【偽典】

古代イスラエルの著名な人名に仮託して、ヘレニズム時代に書かれたユダヤ教文書のうち、旧約聖書の正典・外典およびラビ文献に属さないものをいう。また、広く新約外典の一部(グノーシス文書など)を偽典とみなすことがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偽典の関連キーワードマリア(キリストの生母)アリステアス書簡セプトゥアギンタソロモンの頌歌キリスト教文学アビシニア教会十二族長の遺訓シビュラの託宣ソロモンの詩篇七十人訳聖書ベルトレートクムラン教団ロシア文学ガブリエル新約外典ヨベル書集会の書大原ゆう聖書外典ヨベル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android