コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリス・ベジャール もーりすべじゃーる Maurice B(e)jart

1件 の用語解説(モーリス・ベジャールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

モーリス・ベジャール

20世紀最大の振付家のひとり。「春の祭典」(1959年)、「ボレロ」(60年)で世界的名声を得て以後、半世紀にわたりずっと世界のバレエ最前線にいた。その作品は哲学的かつ官能的、そして祝祭的である。60年以来、ベルギーを本拠に活動していたが、87年にスイスローザンヌに活動拠点を移す。日本とも縁が深く、「仮名手本忠臣蔵」をバレエ化した「ザ・カブキ」や、三島由紀夫テーマにした「M」といった作品もあり、しばしば来日した。2007年11月、80歳で他界。

(鈴木晶 舞踊評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーリス・ベジャールの関連キーワードチボー家の人々春の祭典春の日リ・コンストラクション復元金森穣(かなもり・じょう)祭典春の日のマリピエロ平山素子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーリス・ベジャールの関連情報