コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤオ Yao

デジタル大辞泉の解説

ヤオ(Yao)

主として中国南部の山地とインドシナ半島北部に居住する少数民族。農業を生業とし、山地では焼き畑耕作を行う。言語はシナ‐チベット語族のミャオ‐ヤオ語群に属する。瑶(よう)族。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヤオの関連キーワードホーコウ(河口)ヤオ(瑤)族自治県シーワンターシャン(十万大山)山脈ターヤオシャン(大瑤山)山脈トンチョワン(銅川)特別市ゴールデン・トライアングル広西チワン(壮)族自治区リンリン(零陵)地区クンホー(昆河)鉄道広西チワン族自治区ミヤオ・ヤオ諸語支那チベット諸語ショオ族(畲族)ミヤオ=ヤオ諸語キスは背伸びしてサンティキーリーユワン(元)江ミヤオ(苗)語シナ=タイ語族ミヤオ(苗)族ヤオ族(瑶族)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤオの関連情報