コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤカドツノガイ Dentalium octangulatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤカドツノガイ
Dentalium octangulatum

軟体動物門掘足綱ゾウゲツノガイ科。高 6cm,殻口径 0.5cm。殻は白色,弓状に曲がり,殻頂方向へしだいに細まる。殻表には 6~8本の強い縦肋があり,殻口は八角形となる。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国の内湾の潮間帯下より水深 50mの細砂泥底に多い。近縁の亜種ムカドツノガイ D.o.hexagonum は縦肋が 6本,殻口が六角形となっている貝で,西南日本の完新世化石に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤカドツノガイ
やかどつのがい / 八角角貝
[学]Dentalium octangulatum

軟体動物門掘足綱ゾウゲツノガイ科のツノガイ。本州、四国、九州の浅海泥底にもっとも普通に分布するツノガイ類である。殻長60ミリ、殻口径6ミリほどに達する。殻はやや厚く、殻表には6~9本の角張った太い縦肋(じゅうろく)があり、殻口はそれに従って6~9角形。殻は象牙(ぞうげ)色である。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤカドツノガイの言及

【ツノガイ(角貝)】より

…表面は平滑または縦に肋条がある。殻口は円形または肋条に応じて4~8角(ヤカドツノガイ)また多角形で歯車状(マルツノガイ)のものもある。全海洋に広く分布するが,とくに熱帯に多い。…

※「ヤカドツノガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤカドツノガイの関連キーワードツノガイ(角貝)

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android