コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコブ・バラダイオス Iakōb Baradaios

世界大百科事典 第2版の解説

ヤコブ・バラダイオス【Iakōb Baradaios】

500ころ‐578
シリア単性論派教会であるヤコブ派教会の設立者。ユーフラテス川上流地方の出身。修道士となり,ニシビスの神学校で学んだ。単性論派に対する弾圧のもとで,コンスタンティノープルに潜入し,ユスティニアヌス帝の皇妃テオドラの保護を受け,542年にエデッサ主教に叙階された。それ以後,乞食に身をやつして,小アジア,メソポタミア,シリア,エジプトなどの各地を35年にわたって歩き,多数の単性論派の司祭を叙任し,ヤコブ派教会の基盤を築いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヤコブ・バラダイオスの関連キーワードジェレミー ウォザースプーンジェレミー ウォザースプーン王 濛カタリン コバチカタリン コバチ王 北星イ ガンソクイ ギュヒョクジェニー ウォルフダヌタ コザック

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android