コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤスデモドキ類 ヤスデモドキるいPauropoda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤスデモドキ類
ヤスデモドキるい
Pauropoda

節足動物門ヤスデモドキ綱を形成する微小な動物の総称。少脚類ともいう。体長 0.5~2mmで,一般に白色または褐色。頭部に続く胴部は 12体節から成るが,背面から見ると7体節にみえ,9対の歩脚をもつ。触角が分岐していることが著しい特徴であるが,一般的な形態はヤスデ類に近縁で,退化的な傾向をもつ。湿った土壌中や朽ち木の間などに生活する。世界に 360種以上,そのうち日本産からはニワヤスデモドキ (ニワムシ) Neopauropus niwaiやオビヤスデモドキ Eurypauropus okinoshimensisなどが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤスデモドキ類の関連キーワード多足類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android