コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤセバチ ヤセバチ Evanioidea

2件 の用語解説(ヤセバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤセバチ
ヤセバチ
Evanioidea

膜翅目ヤセバチ上科に属する昆虫の総称で寄生蜂。腹部は第1節が長く柄状になり,前伸腹節の上部に付着する点で特異である。触角は糸状で長く,前翅前縁室は広い。産卵管は一部が体外に突出し,非常に長いものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤセバチ
やせばち / 痩蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目ヤセバチ上科Evanioideaに属する寄生性の昆虫の総称。ヤセバチ科Evaniidae、セダカヤセバチ科Aulacidae、コンボウヤセバチ科Gasteruptiidaeの三科があるが、種類数は少ない。すべて腹柄が胸部の小楯板(しょうじゅんばん)の直後に連結し、前伸腹節の前方に位置するのが共通の特徴で、そのほかは形態的に分化が著しい。ゴキブリヤセバチEvania appendigasterは体長約7ミリの細長いハチで、全身黒色。ゴキブリの卵鞘(らんしょう)に寄生する珍しい習性をもつ。ホシセダカヤセバチPristaulacus intermediusは木材中のトラカミキリなどの幼虫に寄生する。コンボウヤセバチGasteruption japonicumはハラツヤハナバチの幼虫に寄生する。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤセバチの関連キーワードコバチハナバチマルハナバチ小蜂アシブトコバチ(脚太小蜂)クキバチ(茎蜂)コマユバチ(小繭蜂)ハバチ(葉蜂)マルハナバチ(丸花蜂)ミツバチ(蜜蜂)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone