コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツシロラン(八代蘭) ヤツシロランGastrodia confusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤツシロラン(八代蘭)
ヤツシロラン
Gastrodia confusa

ラン科の腐生植物。本州 (千葉県以西) から琉球列島の常緑樹林下や竹林下に生える。塊茎は紡錘状で長さ2~3cm,表面に単細胞の毛があり,花後,頂部から糸状根を出してここから新個体を生ずる。鱗片葉は数個で鞘状。茎は淡赤褐色,円柱状で太く,高さ 3.5~15cm,果期には果柄が 30~40cmに伸びる。9~10月,茎頂に暗紫色花を数個下向きにつける。合着し,緑褐色で長さ約 1cm,合着部の切込みは深く,表面にいぼ状小突起がある。側花弁は萼より短く,萼筒の内側上部に癒着し,唇弁は黄白色で基部に柱状の2突起があり,前部は卵形で先が細く,ふたまたの隆起がある。和名は産地 (熊本県八代) に由来する。また,花期にちなんでアキザキヤツシロラン (秋咲八代蘭) ともいう。小笠原,マレーシア産のものと同種として,G.verrucosaとする扱いもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android