コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツシロラン(八代蘭) ヤツシロランGastrodia confusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤツシロラン(八代蘭)
ヤツシロラン
Gastrodia confusa

ラン科の腐生植物。本州 (千葉県以西) から琉球列島の常緑樹林下や竹林下に生える。塊茎は紡錘状で長さ2~3cm,表面に単細胞の毛があり,花後,頂部から糸状根を出してここから新個体を生ずる。鱗片葉は数個で鞘状。茎は淡赤褐色,円柱状で太く,高さ 3.5~15cm,果期には果柄が 30~40cmに伸びる。9~10月,茎頂に暗紫色花を数個下向きにつける。合着し,緑褐色で長さ約 1cm,合着部の切込みは深く,表面にいぼ状小突起がある。側花弁は萼より短く,萼筒の内側上部に癒着し,唇弁は黄白色で基部に柱状の2突起があり,前部は卵形で先が細く,ふたまたの隆起がある。和名は産地 (熊本県八代) に由来する。また,花期にちなんでアキザキヤツシロラン (秋咲八代蘭) ともいう。小笠原,マレーシア産のものと同種として,G.verrucosaとする扱いもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android