ヤブジラミ(藪虱)(読み)ヤブジラミ(英語表記)Torilis japonica; hedge parsley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブジラミ(藪虱)
ヤブジラミ
Torilis japonica; hedge parsley

セリ科の越年草で,北半球の温帯全域に広い分布をもつ。日本各地の野原路傍に普通に生える。茎は高さ 30~70cmとなり,全体に剛毛がある。葉は互生し,2~3回羽状に分裂して,毛がある。根出葉の柄は長く,茎葉のものは短いが,いずれも基部は鞘となる。5~7月に,複散形花序をつけ,白色5弁の小花を開く。果実は卵状楕円形で先の曲ったとげ状の毛が密生し,動物や衣服にまといついて運ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android