複散形花序(読み)フクサンケイカジョ

大辞林 第三版の解説

ふくさんけいかじょ【複散形花序】

複合花序の一。散形花序の花軸の上にさらに散形に花をつけるもの。セリ科植物の多くに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふくさんけい‐かじょ ‥クヮジョ【複散形花序】

〘名〙 無限花序の一つ。散形花序の花軸が頂端で放射状に多数分岐して、ほぼ同じ長さをもつ多数の花をつけるもの。ニンジン、ノダケなど主にセリ科の植物に見られる。複散花序。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android