コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリ科 セリかUmbelliferae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリ科
セリか
Umbelliferae

双子葉植物セリ目の1科。花序の形の特徴から散 (傘) 形花科ともいう。北半球温帯を中心に,ほぼ世界全域にわたって約 250属 3000種近くが知られている。大部分は草本で,しばしば茎は太く木質化する。葉は互生し,多くは羽状や掌状に裂けるが,チドメグサ属 Hydrocotyleなどのように全縁の単純葉をもつものもある。花序は散形ないし複散形となり,シシウド属 Angelicaなどでは直径 40cmもの大きさになる (→散形花序 ) 。個々の花は比較的小さく,5数性の放射相称花で,通常は両性の完全花である。花弁は5枚で白色または黄色,おしべも5本,めしべの子房は2室に分れる。大きな花序の外周に並ぶ花はしばしば左右相称になり,花弁がキク科の舌状花のように細長くなる場合がみられる。果実は乾果となり,2室の子房が割れて2つの分果をつくる。地中海周辺地域を中心に古くから香料や,薬用,食用に利用されているものが多く,ニンジン (人参) セロリーパースニップコエンドロなどは香料あるいは食用として著名である。中国や日本でもセリ (芹) ミツバ (三葉) トウキなどがやはり香料,薬用に使われてきた。しかし,セリ科にはきわめて毒性の強いものもあって,ドクゼリ (毒芹) ドクニンジン (毒人参) は致死的な毒草とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セリ科
せりか
[学]Umbelliferae (Apiaceae)

双子葉植物、離弁花類。多年草または一年草あるいは越年草。チドメグサ亜科、ウマノミツバ亜科、セリ亜科(ハナウドなど)の3亜科からなる。葉は普通3出羽状複葉であるが、単葉のものもある。花は小形で花弁5枚、雄しべ5本、雌しべ2本、子房は下位。花は散形花序につき、普通はこれらが集合して複散形花序をつくる。果実は双懸果(そうけんか)で、二つの分果に分かれ、稜線(りょうせん)と油管がある。
 世界の温帯と寒帯を中心に275属3000種あり、日本には31属75種が分布する。ニンジン、パセリ、セロリ、トウキなど食用や薬用とするものが多い。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセリ科の言及

【セリ(芹)】より

…葉を食用にするセリ科の多年草(イラスト)。日本では全国いたるところの水辺に見られ,また北は中国東北地方から東南アジア一帯,さらにオーストラリア北部まで広く分布している。…

※「セリ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セリ科の関連キーワード小葉伊吹防風白根胡蘿蔔零余子人参白山胡蘿蔔白根人参千島人参日陰三葉蝦夷にう白根川芎白川防風丸葉柴胡浜土当帰南部当帰蝦夷防風大葉川芎樺太人参岩手当帰馬之三葉鹿の爪草山川芎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セリ科の関連情報