コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブムラサキ(藪紫) ヤブムラサキCallicarpa mollis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブムラサキ(藪紫)
ヤブムラサキ
Callicarpa mollis

クマツヅラ科の落葉低木。アジア東部の温帯に分布し,本州,四国,九州の山地に生える。幹は高さ 1.5~2mとなり,枝は細く,若いときに灰白色の星状毛をつける。葉は長さ6~10cmの卵形で先端はとがり,鋸歯があって,上面短毛下面に星状毛がある。6~7月に,小型の集散花序を腋生し,短い柄をもつ淡紫色の小花をつける。萼は4~5裂し,分枝した毛を密生する。液果は径数 mmの球形で淡紫色に熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤブムラサキ(藪紫)の関連キーワードムラサキシキブ(紫式部)クマツヅラ科

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android