コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤムナー[川] ヤムナー

2件 の用語解説(ヤムナー[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤムナー[川]【ヤムナー】

ジャムナ川とも。インド北西部,ガンガー川の支流。ヒマラヤ山脈に発して南流,デリー東側を通過し南東に転流,アラーハーバードでガンガー川に合流。全長約1400km。
→関連項目ガンガー[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤムナー[川]【Yamunā River】

ヒマラヤ山脈から流れ下るガンガー(ガンジス)川の支流で,本流に匹敵するほどの大河川。ジャムナJumna川とも呼ばれる。全長1380km。発源地はウッタル・プラデーシュ州テヘリー・ガルワール県のジャムノトリ湿原(北緯31゜3′,東経78゜30′)北方のヒマラヤ山脈中にあり,山中を南あるいは南西に流れ,山間盆地デーラー・ドゥーンを経て,シワリク丘陵を貫通して平野に出る。ここから100km余りを南西に流れるが,やがてデリーに向かって南流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone