ヤモリザメ(読み)やもりざめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤモリザメ
やもりざめ / 守宮鮫
[学]Galeus eastmani

軟骨魚綱サメ目トラザメ科に属する海水魚。相模(さがみ)湾以南の太平洋、東シナ海などに分布する。第1背びれが腹びれのやや後方にあること、尾びれ上葉の上縁に特殊な大形の鱗(うろこ)が鋸歯(きょし)状に並ぶこと、体が小形でおそらく全長50センチメートルにはならないことなどが特徴。近縁種としては日本近海にはニホンヤモリザメG. nipponensisがおり、全長70センチメートルに達する。卵生であるが、大西洋産ヤモリザメでは卵胎生のものがいる。トロールなどで漁獲され、みりん干しなどに加工される。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android