コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤルネフェルト Järnefelt, Arvid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤルネフェルト
Järnefelt, Arvid

[生]1861.11.16. プルコワ
[没]1932.12.27. ヘルシンキ
ロシア生れのフィンランドの小説家。初期の『わが目ざめ』 Heräämiseni (1894) からトルストイの影響がみられ,のちに熱烈なトルストイ主義者となり,進んで農民作家となった。主著『グレータとその神』 Greeta ja hänen Herransa (1925) ,『わが両親の物語』 Vanhempieni romaani (3巻,28~30) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤルネフェルトの関連キーワードフィンランド文学悲しいワルツ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android